勉強会&相談会
ISMS
チェック!このような症状の方はご相談ください!
うつ病の請求事例はこちら
がんの請求事例はこちら
糖尿病・人工透析の請求事例はこちら
目・人工関節・他の請求事例はこちら

障害年金を受給をお考えの方へ

現在、障害状態にあって障害年金の受給したいのに手続きの仕方がわからない。

この様な方はまずはお問い合わせください。
初回のご相談は無料です。

完全成功報酬制! 着手金も無料で承っております。
一度是非ご相談ください。


障害状態にある方のご家族の方のご相談も承っております。

障害年金は、受給できれば

589,900円(約60万円)

の金額が保証されている国の公的な制度です。
少しでも多くの方が障害年金を受給できますように。


障害年金は、うつ病やがんでも受給できます!

この様な症状の方は障害年金を受給できる可能性があります!
まずはお問い合わせください!
障害年金は、うつ病やがんでも受給できます!

障害年金は、この様な症状で、日常生活に支障がある。労働に支障がある、働けない。などの状態になったときに支給されるものです。

しかし、障害年金は、症状に該当しただけでは支給されず複雑な手続きを行って請求しなければ受給することはできません。

その複雑な障害年金の請求手続を社会保険労務士が代行いたします。

HighFieldに障害年金を依頼するメリット

HighFieldに障害年金を依頼するメリット
依頼するメリットの詳細はこちらから

年金事務所から遡り請求は無理だからやめなさいと言われた方へ

HighFieldに障害年金を依頼するメリット

ご相談にいらっしゃる方の中に、『自分で障害年金の請求手続きをしよう』と思い、年金事務所に相談に行ったら、『あなたには障害認定日での請求(遡り請求)は無理だから事後重症請求(現在の症状のみでの請求)だけにしなさい』と言われたというお話をよく聞きます。

その言葉通 りに現在の症状のみでの請求をしようとお思いの方はちょっとお待ちください。


遡りで請求するのと現在の症状のみで障害年金を請求するするのでは、初回に受けられる額が何倍も違う可能性があります。
確かに遡りでの請求は複雑で手間がかかる場合が多いです。そんな時こそ社会保険労務士にご相談ください。

社会保険労務士に請求手続きをご依頼いただくと、報酬が発生しますが、お支払いいただく報酬よりも、遡りで受けられる年金の額の方が多い場合が多いです。

年金事務所の言葉をうのみにして現在の症状のみで障害年金を請求しようとお思いのかた、一度当事務所までお問い合わせください。

初回のご相談は無料とさせていただいております。

あきらめずに遡り請求をしたことにより受給ができたかの受給例はこちら
社会保険労務士のごあいさつ

High Field(ハイフィールド)社会保険労務士事務所の特定社会保険労務士 上田信洋です。
お客様にわかりやすい言葉で親切丁寧な対応をモットーとしています。

毎月多数のお問い合わせやご相談をさせていただきますが、その中で感じるのが、ご自身が思っている症状と担当医師が思っている症状について認識の差が大きい方が多い様に感じます。


私の役目は、その差を少しでも埋めて、お客様に納得して障害年金の請求をしていただき、納得して障害年金を受給していただくことだと思っています。
その様なお手伝いをさせていただければ幸いです。

「社会保険労務士」は、労働・社会保険に関する法律・制度に精通し、社会保険・人事・労務管理の専門家として個人や企業の事務代理や相談の業務を行う国家資格です。

特に障害年金・遺族年金・老齢年金等の年金について請求を代理する事やご相談に乗る業務は社会保険労務士の専門業務となっています。

また、当グループには弁護士や司法書士等の法律の専門家も在籍しているため、社会保険労務士の専門業務以外のご相談も承ることができます。

ソーシャルワーカーの方へ
外出が出来ない方へ 出張訪問いたします!
写真
障害年金に関する無料相談受付中!
障害年金の申請代行相談窓口コノヒカラ